top of page
  • 執筆者の写真デイジー橘

最後のひと押しが必要な時こそ占い

こんにちは!


昨日は東京に住んでる従兄弟が

仕事の途中で神戸に寄ってくれたので

ふたりで食事でした。


なんで神戸に寄ってくれたかというと

なんでも会社のことで

悩みがあるとか。


ハーバード大学出身の

キレキレの彼にも

悩むことがあるのか・・・


どんな悩みだろうと

若干わくわくしながら

話を聞いてみると

なるほど割と大きな変更かも。


数字をみて判断する部分は

決断がしやすいもの。


でも、数字にはでない部分を

変えようとする時

根拠がない分迷ってしまいますよね。


別に彼は占いを求めてきたわけでなく

ただ私の意見を聞いてみたいと思って

話してくれただけだけど

そこは占い師。


見たくなっちゃいます。


とりあえず、その場では

私の意見を伝えて

家に帰って早速タロットを

ひいてみました。


迷惑かもしれないけど

勝手に結果を伝えておきました(笑)


それで決断するわけではないと思うけど

彼の気持ちを押す一助にはなったかな。



経営者は常にいろんな選択を

求められてて、今後に大きな

影響を及ぼす判断もあると思う。


普段は即断即決できる人でも

どうしても迷ってしまうことが

たまにはあります。


そんな時、占いでみてみると

ほとんどの場合

「やっぱりそうだよね!」

とおっしゃるんです。


いろんなことを考え尽くして

本当は判断できているはずなんです。


でも何か決定打がない。


そんな時、

なぜかタロットはその人の本心を読み取り

背中を押してくれるんです。




占い








閲覧数:40回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Commentaires


bottom of page